鎌倉七口制覇

 2017-11-11
鎌倉は三方を山に囲まれ、一方を海に面しているために
切り開かれた陸路の峠道(切通し)のうち、主な出入口を鎌倉七口と呼びます。
先日の朝比奈切通しで、はるなつはこの七口を制覇しました!
それぞれ切通しの名前をクリックすると、元の記事に飛びます。
亀ヶ谷(かめがやつ)切通し
haru2017111101.jpg

化粧坂(けわいざか)切通し
haru2017111102.jpg

haru2017111103.jpg

巨福呂坂(こぶくろざか)切通し
haru2017111104.jpg

大仏切通し
haru2017111105.jpg

名越切通し
haru2017111106.jpg

極楽寺坂切通し
haru2017111107.jpg

そして先日の朝比奈切通し
haru2017111108.jpg

haru2017111109.jpg

鎌倉時代の古道の面影を残しているのは、大仏切通し、名越切通し、朝比奈切通しです
大仏切通しは大仏ハイキングコースから脇道にそれた場所なので、
ちょっと寄り道して古道を楽しむのもいいかもしれません。
極楽寺坂切通しはすでに車がよく通る道になっていて昔の面影なし。
化粧坂切通しは源氏山公園内にあるので手軽に通れますが、常に湧水が出ていて滑り易い
巨福呂坂切通しと亀ヶ谷切通しは生活道路ですね。
巨福呂坂切通しに至っては通り抜けもできません。
この七口以外にも鎌倉には切通しは数多くあり、古道らしさを残している場所もありますよ。
下の地図はクリックすると拡大されます。
haru2017111100.jpg
国土地理院     

朝比奈切通し

 2017-11-06
3連休の最終日、鎌倉七口(鎌倉七切通し)のひとつ、
朝比奈(朝夷奈)切通しに行ってきました。
朝比奈切通しは鎌倉と横浜の六浦港(金沢)を結ぶ峠道で
鎌倉幕府執権、北条泰時の命により作られたとされています。
今回は金沢側から鎌倉の十二所に向かって上がりました。
切通し入口にある道標
haru2017110601.jpg

切通しらしい、岩の壁が迫った道を進みます。
haru2017110602.jpg

苔生した岩が鎌倉時代からの旧街道の雰囲気が醸し出しています。
昔は六浦の港から塩を担いで通ったんでしょうね
haru2017110603.jpg

はるは塩を担いでないけどね!
haru2017110604.jpg

峠の頂上の岩肌には仏様が掘られてます。
このような仏様の事を磨崖仏というそうです。
haru2017110605.jpg

峠を越えると、道の真ん中から水が湧き出てます。
haru2017110606.jpg

拡大すると、この穴から滾々と湧き出てます。
これが、太刀洗川の源泉ですね。
haru2017110607.jpg

十二所側に降りて行くと、どんどん水の流れが大きくなってきます
途中はほとんど沢の中を歩いているみたいな感じ。
といっても靴が水に浸かるほどではありませんが
haru2017110608.jpg

そして十二所側の切通し入口には滝がありました。
この七曲川と合流して太刀洗川になります。
この滝は朝比奈三郎という武士が切通しを一日にして切り開いたとする伝説から
峠を朝比奈切通し、滝を三郎の滝と名付けられたそうです。
haru2017110609.jpg

いいお天気で暑かったのか、はるさん滝壺に入っちゃった。
haru2017110610.jpg

分岐を金沢街道方向に進むと、太刀洗の水があります。
これは頼朝への謀反を企てたとされた、上総介広常を暗殺した梶原景時が
その血塗られた太刀を洗ったとされる伝説の水です。
鎌倉五名水のひとつですが、飲料水ではありませんと書いてあります。
haru2017110611.jpg

この先をもう少し歩くと金沢街道に出ます。
金沢街道は道が狭く、歩道もないのでワンコが歩くのはムリ
ここで引き返してまた朝比奈切通しを金沢方面へ戻ります
haru2017110612.jpg

帰りには熊野神社に立ち寄りました。
熊野神社は鎌倉の鬼門の守り神として建立されたそうです。
haru2017110613.jpg

せっかく金沢まで来たので、帰りには和菓子のさかくらへ寄ってきました。
秋色の美しい練りきり沢山が並んでいて買うのに迷いましたが、
梢の錦という名前も美しいこちらにしました。
haru2017110614.jpg

山散歩

 2017-10-11
なんだか10月とは思えない陽気の中、落ち葉カサカサお山散歩~
お山は日陰でちょっと涼しい
haru2017101101.jpg

はるは少し前を歩いては、振り返っては来てる?って確かめる
haru2017101102.jpg

はい、来てますよ!
haru2017101103.jpg

この、必ず振り返って確かめるのはボーダーだから?
他の犬種もするのかなぁ?
haru2017101104.jpg

なつは呼ぶとこんな顔して戻ってくる
haru2017101105.jpg

お山を抜けて、鎌倉中央公園へ来たよ
意外に人が少ないね。
haru2017101106.jpg

山崎口のししいし。いつもは子供たちに占領されているけど、
誰もいなかったから、なつが占拠したぜ!
haru2017101107.jpg

アップで撮ると、得意げな顔してる!
haru2017101108.jpg

で、下りてきたら小川に浸かっちゃった。飲んでるし。
まぁホタルも出るきれいな川だからいいけど。
やっぱりなつには暑い気温だったね。
haru2017101109.jpg

お山散歩とお月見

 2017-10-05
昨日は中秋の名月。なので、お月見の和菓子を買いに金沢文庫のさかくらへ行きました。
その帰りに横浜自然観察の森で散歩。
車は上郷森の家に駐車して、お散歩お散歩。
haru2017100501.jpg

途中で白いワンコさんに挨拶。
トイレ前にあったので、たぶんワンコはここで待っててねの印だと思う
haru2017100502.jpg

すぐに自然観察センターに到着。
この建物の中では野鳥の♂♀の違いの写真展をしている模様
haru2017100503.jpg

なので、はるなつには外で待ってもらってちょこっと観てました。
haru2017100504.jpg

このあともお山をお歩いて行ったんだけど、実はここ、金沢市民の森や氷取沢市民の森、
鎌倉の天園ハイキングコースとも繋がっている広い広い森。
ちょっと散歩するぐらいではまわりきれないし、今の時期ひっつき虫がすごいので
2時間ほどで帰りました。また朝から来て、ゆっくり歩きたいな。

夜は雲がすっかり取れて、文字通りの名月が観られました
haru2017100505.jpg

はるなつは、私が作ったお月見団子。
haru2017100506.jpg

haru2017100507.jpg

私はさかくらの和菓子を頂きました。
月兎、かわいすぎて食べるのもったいなかったです
haru2017100508.jpg

御神輿だー!

 2017-07-25
日曜日は八雲神社例大祭だったよ
ボクも御神輿見に行ったんだ。
最初、お囃子がきて
haru2017072501.jpg

神主さんが来て
haru2017072502.jpg

そのあとにお神輿が来たんだ
haru2017072503.jpg

北野神社まえでもみもみ

ボク、しっぽ踏まれるかと思ったよ
haru2017072504.jpg

御神輿もみもみのあとは小休止。
今年はボクの大好きな淡路屋さん(酒屋さん)がいなかったけど
若いお兄ちゃんにいっぱい撫でてもらったんだ。
もちろんガリガリくんももらったよ
haru2017072505.jpg

あ、はる姉ちゃんはお囃子の太鼓の音が恐くて、お神輿見たくないんだって
ガリガリくんも食べられないほど怖いんだって。
だからボクがはる姉ちゃんの分も食べてあげたよ。

今年最後の紫陽花散歩

 2017-07-02
今朝早くは雨が降ってたし、曇りだからロング散歩も大丈夫かなと思い
お山散歩に出発
haru2017070201.jpg

今日は珍しく午前中には富士山も見えたよ
haru2017070202.jpg

山の中でボーダーに遭遇。
以前パピーの時にあったことのあるラナちゃんでした
めちゃかわいー!
haru2017070203.jpg

飼い主同士でしゃべってたら、なつとラナちゃんはこんな格好になってました
haru2017070204.jpg

源氏山公園到着!
ここも結構紫陽花がきれいなのです。
Googleが勝手に加工した写真、色が鮮やかすぎだな
haru2017070205.jpg

もう7月だし、紫陽花も見納めだね
haru2017070206.jpg

いつもの撮影スポット、切株の上もバックは紫陽花~
haru2017070207.jpg

曇りだけど、意外に暑くてはるなつには大変だから帰ろうかなと思ったんだけど
はるがこっちに行くと引っ張って行ったところが鎌倉裏駅のGARDEN HOUSE
はる、実は鎌倉の犬OKのカフェの場所網羅してるかも。
犬が自らカフェセレクト
haru2017070208.jpg

暑かったし、小腹が空いたのでモヒートと
haru2017070209.jpg

ポテトをチョイス
haru2017070210.jpg

なつもちゃんとイイコにしてましたよ~
haru2017070211.jpg

食べてる最中、陽が出てきて暑さ倍増。
日陰を選んで、お水飲みながらゆっくり休憩しながら帰ってきたけど
飼い主も汗びっしょりでした。
もう秋までロング散歩できないかなー

紫陽花散歩

 2017-06-10
今日は朝から紫陽花散歩
今の時期、鎌倉は紫陽花の観光客でごった返すので
観光客が来る前の早朝に御霊神社まで行ってきました。
haru2017061001.jpg

御霊神社と言えばこの景色、江ノ電と紫陽花が一度に撮れる撮影スポットです
観光客はまだ来ていませんが、カメラ構えた人々はもうすでに大勢来ていました。
撮影の邪魔にならないように、電車を見るはる
haru2017061002.jpg

御霊神社の境内にも色んな種類の紫陽花があります。
が、今年は紫陽花の小径も落石で通れないままだし
花もあんまり咲いていないし、蕾も少ないようでした。花のつきが悪いのかな?
haru2017061003.jpg

haru2017061004.jpg

haru2017061005.jpg

線路沿いはきれいに咲いているんだけどね。
haru2017061006.jpg

ここはキョンキョンのドラマで有名な場所。はるなつも踏切外でパチリ。
線路内で撮ったら、誰かみたいに書類送検されちゃうからね(笑)
haru2017061007.jpg

このあと、極楽寺坂切通しを通って極楽寺へ。
本当はこの切通しの左手の成就院では紫陽花がきれいなはずなんだけど
昨年から参道の工事で紫陽花は咲いていません。
haru2017061008.jpg

極楽寺前の紫陽花はきれいに咲いてました
haru2017061009.jpg

極楽寺、人がいないうちだったらワンコも入ってもいいよって言ってもらったことあるんだけど
中の撮影は禁止だし、極楽寺の中は紫陽花はないのではるなつは門前でパチリ
haru2017061010.jpg

このあと、もう少しお散歩は続きます

平塚のポピー畑

 2017-05-27
昨日の雨がウソのようにいい天気の土曜日
平塚の馬入ふれあい公園のポピーを見に行ってきました。
今年はなんだか生育が悪いらしく、全然育ってない畑もポツポツ。
黄色いポピー
haru2017052701.jpg

ピンクのポピー。なつが花背負ってるよ
haru2017052702.jpg

赤いポピー。小さいけど、はるなつの間に富士山が見えてるんだよ~
今日は風があったからか、珍しくきれいにみえてました
haru2017052703.jpg

これは矢車草。私はこういった紫~青系の花が好き
haru2017052704.jpg

最後は青空バックにパチリ
haru2017052705.jpg

今日も暑かったね。

鎌倉の古道を行く 銭洗い弁天の古道

 2017-05-01
いつもの山を越えてお散歩
haru2017050101.jpg

山には今の時期、キンランというラン科の花が咲いています。
絶滅危惧II類(VU)に指定されている花なので、そっと見守ります。
haru2017050102.jpg

源氏山公園ではいつもの切株でパチリ
新緑がきれいです。
haru2017050103.jpg

源氏山公園から銭洗弁天に行くときは坂を下りて行くのですが、
その途中、右側に上がって行く道があります。
haru2017050104.jpg

すると、こんな風な苔生した岩の古い山道にでます。
haru2017050105.jpg

どんどん歩いていくと、下に銭洗弁天の境内が見えます。
この道、銭洗弁天をぐるりと囲むような道になってます。
haru2017050106.jpg

そして、ここが山道を抜けたところ
haru2017050107.jpg

すぐ右手(降りてくると左手)には銭洗弁天の入口があります。
今、みんなが使っている手彫りのトンネルの入口は裏口で
昔はこちらが表参道だったらしいです。
haru2017050108.jpg

昔は、葛原岡神社から、あるいは化粧坂を上がってきて、
今日のこの古道を通って銭洗弁天にお参りしていたんですね。
ちなみに、こちらから佐助稲荷に抜ける道もあります。

鎌倉の古道を行く 再度長窪の切通し

 2017-04-27
以前、多聞院の切通しを散歩した時→多聞院の切通しを行く
大船の名主である甘糟家の話を書きましたが、実はこの甘糟家の長屋門から
長窪の切通しは非常に近いことが分かり、甘糟家の前を通って行ってみることにしました。
以前にも書きましたが、この甘糟家は室町時代には上杉氏に仕え、
のちには小田原北条氏に仕えた名主で、甘糟家は吾妻鏡にも名を連ねるような
古くから歴史に名を留めている家系なんですって
haru2017042701.jpg

以前は反対側の入口、高野台側から入りましたが、今回は大船側から。
ホントにここから?というような住宅の脇が入口です
haru2017042702.jpg

でも、一歩足を踏み入れると急に高い切通しの壁がそびえたちます。
苔生していて、足元落ち葉。前日の雨で少しぬかるんでいて
一気にタイムスリップした感じに陥ります。
haru2017042703.jpg

こんな古道が100m位続いています。
反対側の高野台に出ると、大きな家が並ぶ住宅街で、今度は一気に現実に引き戻されますが。
haru2017042704.jpg

こういった古い道、鎌倉にずっと残して欲しいな。
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫