FC2ブログ



ボーダーコリーはるとなつの成長日記です。

Prev  «  [ 2020/01 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

ひよ

Author:ひよ
はる:2007年4月22日生まれ
ボーダーコリーの女の子
ブラック&ホワイト
好きなこと:
 ディスク
 マンゴー
 レバーのおやつ
 ボールを投げてもらうこと
 隙間からのぞくこと
 電車
嫌いなこと:
 排水溝のステンレス蓋
 後脚さわられること
 花火
 雷
 太鼓の音     
血統書

なつ:2012年8月3日生まれ
ボーダーコリーの男の子
ブラック&ホワイト
好きなこと:
 はる
 ディスク
  床舐め

嫌いなこと:
 リアルブタのおもちゃ
 口笛
 ドライヤー
血統書

メール:
akiko68@pop07.odn.ne.jp

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いぬめしセミナー備忘録

日曜日に、アルシャー京子さんのいぬめしセミナーを受けてきました。
今回のテーマは老犬のいぬめし。
忘れないように自分のための備忘録
特にはるにむけて。
・老犬は特に水分を取らせる。そのうち喉が渇いていることすらわからなくなるので
できたらフードをふやかすのがよい
・たんぱく質が不足すると感染症にかかりやすくなる
・有効成分(人間のサプリでよい)
①亜鉛は細胞分裂を促す。成犬の二倍(過剰は禁物)
不足すると鼻やパッドがガビガビになり、傷が治りにくい
②水溶性ビタミン成犬の二倍・ビタミンB群。VB12が不足すると下痢、悪性貧血
③抗酸化物質:ビタミンC,E、L-カルニチン(不足すると心疾患、1000mg/1日)、アントシアニン
④機能性物質:タウリン(不足すると心疾患、1000mg/1日)、グルコサミン、魚油(1~3g/1日)
タウリン、魚油は摂り過ぎても弊害はなし
・腎疾患には
①水分を多く
②たんぱく質摂取制限(リン)が必要だが、カロリーはキープ(リンの少ない鶏モモがよい)
③カルシウム供給は血液検査で高めに出ない限りは普通に
ラクチュロース(オリゴ糖の一種)は尿毒症緩和によい。腸内でアンモニアの毒性をなくす
④亜鉛はあげたほうが良い
⑤腎疾患がひどくなると息がアンモニア臭くなる

haru2019121101.jpg

家に帰って、はるなつのフードの成分を見て足りているか確認
はる(体重13kg)のフードの成分。()は必要量
エネルギー532kcal(564~764)
タンパク質35.65g(17~35g)
亜鉛37mg(13mg×2=26g)
L-カルニチン127.14mg(1000mg)
タウリン532mg(1000mg)
→エネルギーはやや少なめだが、たんぱく質が足りているのでヨシとする
→亜鉛は足りている。量的にはやや多いが吸収阻害も多いのでヨシ
→L-カルニチン、タウリンはサプリ補給してもいいかも
→魚油もサプリ補給
→ラクチュロースは今後腎臓の働きがもっと弱くなってきたら必要になるかも

なつ(体重18kg)のフードの成分。()は必要量
エネルギー828kcal(1020~1266の間)
タンパク質57.5g(20~45g)
亜鉛34.5mg(18mg)
L-カルニチン、タウリンの記述はなし
haru2019121102.jpg

・アレルギーについて
アレルギー発生の仕組みは、下痢をした時に傷んだ腸壁からタンパク質が血液に侵入し
リンパ組織と接触することで抗体が生産されることで起こる。よって、下痢の時の絶食は必須!
違うタンパク質のフードローテーションは無意味。むしろ、アレルギー発生時に使用できる
タンパク質が減るので、しないほうが良い
・夏に(特にフードにこだわっている人に)激震が走ったグレインフリーフードが
DCM(拡張型心筋症)と因果関係があるというFDAの発表に関しては、グレインフリーフードに
使われているマメ科の食物の食物繊維によってタウリンが便とともに排出されて
タウリン不足に陥っているという見解。
よってフードを変える必要はなくタウリンをサプリで与えればよい。
予防としては一日500mg位で十分

以上、セミナーの内容はもっと濃かったのですが、はるに関するところだけ書き出しました。
12/12思い出して追加
・老犬には乾燥した肉などは負担がかかるのでよくない。
・目の白濁は白内障とも限らない。核硬化症でも白濁する。
核硬化症は加齢減少で視覚は失わない。
スポンサーサイト



テーマ : ♪ボーダーコリー♪
ジャンル : ペット

Tag : 病気 

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://haru0422.blog99.fc2.com/tb.php/1330-0f4d173f


ブログ内検索
リンク
RSSフィード