鬼平江戸処で軍鶏鍋食らう

 2016-11-04
私は池波正太郎の小説『鬼平犯科帳』が大好きなのですが、
その鬼平の町並みを再現しているという東北自動車道の羽生PAに行ってきました。
haru2016110301.jpg

PAの建物が全て江戸の町並みになってる!
撮影でもできそうなほどです。着流しとか着たら雰囲気出るだろうな。
haru2016110302.jpg

しかもお店の看板は鬼平に出てくる盗賊が押し入った日本橋の大店。
haru2016110303.jpg

奥には見世物小屋のエリアがあって、この日も南京玉すだれのパフォーマンスがあったみたい。
後の幟は江戸の大相撲力士の名前がずらり
haru2016110304.jpg

そしてここに来たメイン!五鉄で軍鶏鍋
haru2016110305.jpg

五鉄は火付盗賊改方長官の鬼平こと長谷川平蔵が密偵と軍鶏鍋をつついてた店で
本当に美味しそうだったのよね。
親子丼で有名な人形町の玉ひでがモデルといわれているだけあって、ここも玉ひでさんが出してます。
ちょっぴり濃いめの味付けに卵を付けて食べるとホント美味!
本当はちょいと一杯、と熱燗を行きたいところだけど、お水で我慢。
haru2016110306.jpg

そしてこちらも五鉄でいただける一本うどん。
小説では同心の兎忠こと木村忠吾が『豊島屋』というお店で食べてます。
それが本当に美味しそうだったので、ぜひとも食してみたいとかねてから思ってたんです。
こちらもちょっと甘めの汁で美味!念願叶いました。
haru2016110307.jpg

そしてもうひと品、鰻!
haru2016110308.jpg

これも美味しかった!鰻はほんと美味しいな。お吸い物はちょっと出汁が薄い感じだったけど。
それにしても、鰻、蕎麦、天ぷら、寿司、と日本を代表する食って
全て江戸から根付いていたって考えると、江戸時代すごいなって思う。
haru2016110309.jpg

ご飯食べてる間は車で待機だったはるなつにはごほうびのソフトクリーム。
買ってみたら古銭がついてた!
太平通宝って中国の宋銭らしいけど、江戸時代には江戸幕府が中国から輸入して流通させていたんだって。
haru2016110310.jpg

軍鶏鍋に一本饂飩、念願の物が食べられて大満足!
他にも本所さなだやの蕎麦(神田まつや監修)とか食べたいものはもっとあったんだけど
また今度だね。
お土産物も平蔵の好物喜楽煎餅を再現とか、鬼平ファンにはたまらない羽生PAでした!

ちなみに中村吉衛門さんが演じるドラマ鬼平犯科帳も大好きなのですが
(主題歌が時代劇なのにジプシーキングスで印象深い)
12/2,3に放送される前後編のスペシャルドラマでファイナルなんですって。絶対見なきゃな。
スポンサーサイト
コメント














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://haru0422.blog99.fc2.com/tb.php/1067-53cc09b6
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫