耳の中に種が!

 2016-10-27
長文注意!

月曜日、いつものように公園にディスクの練習に行って、
途中でいつものようにお友達のエールが来て、ワーイって一緒に草むらに行ったなつ
戻ってきたら、なんかへん。頭が左に傾いてる。耳も左だけ寝ちゃってる。
顔にはひっつき虫いっぱいくっつけてるし。耳もブルブルふるし。
こりゃあなんか耳の中に入ったかなと思って両耳見てみたけど、外から見た限りは
何も付いてない。犬の耳はすぐにくの字に曲がってるから奥までは確認できない。
しばらく様子見てて、ディスクする?と聞くとしたがるので練習再開してみると
練習はいつも通りできる。でもやっぱりブルブルするし。
取り合えず、練習は中断して病院に行くことにしました。
で、いつもの病院に行ってみると、たまたま院長(男性)は不在で
女性の若い獣医さんに見てもらうと、やっぱり耳の奥に小さい種が入ってますと。
しかも結構奥の鼓膜近くに引っ付いてるらしい。
まずは、洗浄液を入れて出してみますということで、女性3人がかりで治療してもらった。
なつは病院が大嫌いで、とにかく暴れるのです。
私が家で耳見ても大人しく見せてくれるし、掃除もさせてくれるんだけど、
とにかく病院がコワイらしい。いつもは院長がグイッと押さえて治療するんだけどね。
で、そこでは種は取れませんと言われ、もっと大きい病院を紹介してもらいました。
そのまま戸塚の保田動物病院へ。ここは24時間の高度救命救急センターでCTやMRIもある病院です。
診察待ちのなつ。まだ笑ってるし
haru2016102701.jpg

保田病院でも同じくまずは洗浄液を入れて種を出すことをしてみますと。
その時にちょっと暴れないように鎮静かけてからしますねということでした。
だけど、しばらくして出てきたら、種が出たかどうかは確認できませんと。
なぜならブルブルした時に飛び出た可能性があるから。
中を確認すると、引っ付いていた場所にはないけれど、
洗浄液が耳の中にまだ残っているから、クリアには確認できません。と先生。
とりあえず様子見でしばらく洗浄を行って行きましょうということでした。
でも、洗浄でも種が取れなければ、麻酔をかけて内視鏡で取り除くことをしなければ
いけないんだけど、ここには耳の穴に対応するような内視鏡はないので
また別の器具のある病院に転院となるかもという状況・・。う
ここまでは月曜日。この後家に帰ったけど、やっぱり耳はブルブルするし、
鎮静かけたせいで、どよーんと元気なくしてるし。
なんかかわいそうななつでした。
haru2016102702.jpg

翌日火曜日、耳を見てみると洗浄液が出たみたいで、耳の中が濡れてたので
拭いてあげて、治療の際にちょっと傷が付いたみたいで血も出てたんだけど、
それも拭いてあげて病院にいきました。
中を確認してもらうと、中に種はないのでたぶん昨日取れたと思いますと。
とりあえずホッとしました。麻酔かけなくて済んだー!
もう一度洗浄かけたので、多少耳を振ると思うけど
もし昨日みたいにブルブルする回数が多ければまた来てくださいということでした。

で、なつの耳に入った種、たぶんこのどこにでも生えているひっつき虫
ヒナタイノコズチかヤナギイノコズチか分からないけどこの小さいのがいっぱい付いてる草
haru2016102703.jpg

この写真撮ったのはアスファルトのところだけど、草むらにはどこにでも生えてると思う。
体にもいっぱいくっついてくるけど、ベタベタはしてないし、とげも鋭くないから
スリッカーブラシで解けば比較的すぐに取れるひっつき虫なんだけど
今回は参った!
haru2016102704.jpg

なつの耳は普段は折れ曲がってるし、ほんと偶然にするっと入っちゃったんだろうな。
この時期はどこに行ってもひっつき虫がいっぱいだし、しょうがないけど
ほんと、麻酔かけて手術とならなくてよかったー!
↓これは月曜日にどよーんなってるなつ。
haru2016102705.jpg

スポンサーサイト
コメント














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://haru0422.blog99.fc2.com/tb.php/1065-824861ad
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫